Arthritis&Rheumatology 8月号に自己免疫関連血球貪食症候群についての論文が掲載されました。

2014年8月4日


http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)2326-5205
Kumakura S and Murakawa Y. Clinical Characteristics and Treatment Outcomes
of Autoimmune-Associated Hemophagocytic Syndrome in Adults. Arthritis &
Rheumatology Volume 66, Issue 8, pages 2297-2307, August 2014
本研究は、これまでに欧文論文として公表された自己免疫関連血球貪食症候
群(Autoimmune-associated hemophagocytic syndrome)116例(成人症例)について解析
を行い、臨床症状と治療効果及び予後因子を明らかにしたものであります。