感染症流行予防のための症候群サーベイランスの構築

  1. Kumakura S, Onoda K, Hirose M. Self-reported histories of disease and vaccination against measles, mumps, rubella and varicella in health care personnel in Japan. Journal of Infection and Chemotherapy 20:194-8,2014.
  2. Kumakura S, Shibata H, Isobe T, Hirose M, Ohe M, Nishimura N, Onoda K, Nagai A, Yamaguchi S. Comparison of hemagglutination inhibition assay and enzyme immunoassay for determination of mumps and rubella immune status in health care personnel. J Clin Lab Anal 27(5):418-21,2013.
  3. Kumakura S, Shibata H, Onoda K, Nishimura N, Matsuda C, Hirose M.Seroprevalence survey on measles, mumps, rubella and varicella antibodies in healthcare workers in Japan: sex, age, occupational-related differences and vaccine efficacy. Epidemiol Infect 11:1-8,2013.
  4. Shibata H, Kumakura S, Isobe T, Hirose M, Ohe M, Nishimura N, Onoda K, Nagai A, Yamaguchi S. Comparative analysis of a complement fixation assay and enzyme immunoassay to determine the seroprevalence of measles and varicella in a survey of healthcare workers. J Int Med Res. 2013 Feb;41(1):224-30.

  5. 山内利朗,杉浦弘明,熊倉俊一,平賀瑞雄,今村知明,大日康史.出雲市における症候群サーベイランス.島根医学 30:39-46, 2010
  6. 平賀瑞雄,児玉和夫,山内利朗,杉浦弘明,片寄靖久,熊倉俊一,小林祥泰,菊池清,秦正,大日康史,岡部信彦「島根県出雲市における新型インフルエンザ対策としての強化症候群サーベイランスの実施」「地域での健康危機管理情報の早期探知、行政機関も含めた情報共有システムの実証的研究」平成21年度研究報告書,255-263,2010
  7. 熊倉俊一,花田英輔,菅原民枝,大日康史「大学病院症候群サーベイランス」「地域での健康危機管理情報の早期探知、行政機関も含めた情報共有システムの実証的研究」平成21年度研究報告書,311-320,2010
  8. 熊倉俊一,花田英輔,菅原民枝,大日康史「島根大学病院における外来受診時症候群サーベイランスの構築」「地域での健康危機管理情報の早期探知、行政機関も含めた情報共有システムの実証的研究」平成20年度研究報告書,167-178,2009
  9. 熊倉俊一,花田英輔,菅原民枝,大日康史「大学病院症候群サーベイランス」「地域での健康危機管理情報の早期探知、行政機関も含めた情報共有システムの実証的研究」平成20年度研究報告書,159-166,2009
  10. 花田英輔,熊倉俊一,大日康史,菅原民枝:「大学病院症候群サーベイランスの運用検討」「地域での健康危機管理情報の早期探知、行政機関も含めた情報共有システムの実証的研究」平成19年度研究報告書,71-76,2008
04894