ヒト白血病細胞の分化・増殖・細胞死を制御する分子機構の解明

 白血病細胞に分化や細胞死を誘導する生理活性物質を用いて、因子・受容体の結合、細胞内情報伝達機構及びがん遺伝子発現制御の観点より細胞の分化・増殖・細胞死を制御する分子機構についての研究を行なっております。さらに、マクロファージによるがん細胞の貪食による治療の応用についても、研究を進める予定です。

 なお、平成24年春からは、本間良夫教授のご好意により、腫瘍生物学講座ラボで実験を実施させて頂くことになりました。また、学内の腫瘍センターや化学療法科ともより一層連携を強めて、研究を推進いたします。

 

ATRAにより分化誘導された急性前骨髄球性白血病細胞 分化誘導された白血病細胞を貪食するマクロファージ
   
 

04315