International Journal of Oncology (Early On line版)に白血病細胞の分化誘導についての論文が掲載されました。

2015年6月9日
 
Yasuhisa Maniwa, Takashi Kasukabe, Shunichi Kumakura.Vitamin K2 and cotylenin A synergistically induce monocytic differentiation and growth arrest along with the suppression of c-MYC expression and induction of cyclin G2 expression in human leukemia HL-60 cells. International Journal of Oncology  Published online on Thursday, June 4, 2015
 
ビ タミンK2とコチレインAをHL-60ヒト白血病細胞株に添加し培養すると、単球・マクロファージ系細胞への分化が効果的に誘導されることを示しました。 また、その際の細胞内情報伝達について、c-Myc癌遺伝子をはじめとする細胞の分化・増殖に関わる分子の発現調整機構を明らかにしました。